”・・・強度の差は”

さひo強化磁器は安心・安全、そして長い目で見ればお徳なんです!!

  • 普通の陶器
  • 100円均一(今は消費税込み105円均一ですね)
  • メラミン食器
  • 中古のディスカウントショップ

・・・等々、安くて普通に使える食器は山ほどあります。

一般的に言って、上記の品々と比べると強化磁器は
高価な商品の部類になります。

ご家庭で普通にお使いになる程度でしたら、
上記の食器で十分事足りるかもしれませんが、
お取扱いの激しい集団食となるとそうは行きません。

焼き物の場合、強度・耐久性が足らないと、チップ破損の山です。

お客様からは、「とにかく安く!!」というご要望が多いのも事実なのですが、
実際、

最初に買う金額が安ければいいのか?
一度買った商品を何年使うのか?
一度(一回転)に何個の食器を使用するのか?

等々、結局買ったら『長く・補充も少なく使いたい!』と言うのが本当の希望です。

 

当方のお客様でも

一回の食数    (理想は食数×2.5倍)
洗浄機の種類   (ベルト式・掻き上げ式・ラック式)
保管の方法    (保管庫・ディスペンサー)
在庫を持てるのか?(理想は一回転分)
漂白剤の種類・漂白の頻度(酸素系・塩素系)

など、実際のご使用状況も随分異なるため、「とにかく安く」と言ってもどういう基準でご提案すべきか大変悩むことになります。

食器は一度買ったら終わりではありません。



実際に購入してから「ああ、やっぱりよく割れるんだ」とか、
「すぐ汚れちゃった、何でこんなに汚れるの?」
「前買った商品、もう絵柄なくなっちゃったの!?」
等々、現在の商品から満足度が落ちてしまっては、
私は何のためにご提案しているのか悩んでしまいます。



個々の食器の種類をざっとで構いませんのでご理解頂き、
より快適にお使い頂ける商品をお選び頂ければ幸いです。



より詳細をご連絡頂ける方は→コチラ?までご一報下さい。

普通の陶器

言わずもがな、ごく一般的に「焼き物」と言われるものです。
古来より粘土を窯で焼き上げる、伝統的な食器ですが、
最近は普通陶器・普通磁器いずれもそんなに安い商品はなくなってきています。
→安い陶器がご希望でしたらコチラ

100円均一

こちらも言わずと知れた、消費税込みで105円で買える商品です。
100円均一のお店がこれだけ普及し、我々日常での生活も変わったのではないかと思います。

確かにワンコインで買えるのは魅力的です。
個人でご家庭で使う分には100円均一でも十分かと思います。

ただ、こと業務用で継続してご使用になる場合は注意が必要です。
その注意点は→コチラ?

メラミン食器

メラミン食器は原油から取れる「ナフサ」を原料とて、
ホルムアルデヒドと重合反応して作られる樹脂食器です。

ホルムアルデヒド=環境ホルモン?を心配する声もありますが、
メーカーやプラスチック工業会の厳しい検査をクリアした商品ばかりです。

現場での取り扱いも容易なことから、各種集団食において
なくてはならない食器となっております。

当社でも国内ほとんどの各種メラミン食器を扱っておりますが、
取り扱いは容易ですが色々注意点も必要です。

意外と知られていないメラミン食器のご使用の注意点は
コチラ

中古ディスカウントショップ

昨今の不況により、にわかに活気を帯びていている中古ディスカウントショップ。

私も利用した事がありますが、掘り出し物が結構あり、品種も売り切りなので行く度に商品が変わり面白いです。

食器(陶器)もディスカウントであり、それこそ値段があってないようなお値段で売られており、非常にお得感もあります。

自分も一度、お客様から返品になった商品を試しに持って行きましたが、売るときは本当に叩かれました。
新品でも仕入れそのものが安い(製造原価より安い)ため、当然相当安価にて提供できるわけですが、これを業務用としてお使い頂けるか?これも疑問が残ります。

まとめ

と、このように色々な観点で商品を考えますと、単に価格が安いだけで食器を選ぶと、のちのち必ずまた食器の購入で悩まないといけない場面に出くわす事と思います。

よりよい食器を、商品そのものをご理解頂いた上で、より長くキレイにお食事を召し上がっていただくために当ホームページ・当社サービスをご活用頂ければ幸いです。